華原朋美、母が見守るステージで涙 Girls Awardで熱唱

『Gairls Award 2013 SPRING/SUMMER』に出演した華原朋美 (C)ORICON DD inc.

[拡大写真]

『Gairls Award 2013 SPRING/SUMMER』に出演した華原朋美 (C)ORICON DD inc.
 歌手の華原朋美(38)が23日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された日本最大級のファッション&音楽イベント『Gairls Award 2013 SPRING/SUMMER』のランウェイに登場。「ともちゃーん」の声援が飛ぶ中、感無量の表情で「去年の12月に6年半ぶりに芸能界に復帰することが出来て、こんな素晴らしいステージに立てて本当、今まで苦しんできてよかった」と涙ぐんだ。

 「keep yourself alive」を熱唱し、ランウェイを歩いた華原は「デビューシングルを歌わせていただきました。きょうは素敵なステージに呼んでいただき、ありがとうございました」と深く一礼。さらに代表曲「I‘m proud」を歌いながら、ゆっくりとランウェイを歩くと観客の声援に手を振って応えた。最後のサビの部分で思わず感涙すると、声を震わせ、手で口をおさえる仕草もみせるなど全身で復帰を喜び、3万3500人の観客から大きな拍手で祝福された。

 ライブ後、取材に応じた華原は「きょう復帰して初めてお母さんが見に来てくれて、泣くはずじゃないところで泣いてしまってうまく歌えなかった」と照れ笑い。「一番お母さんに迷惑かけたのでこうしてステージに立てて、本当に感謝しています。記念の1日になりました」と満足げだった。

 この日披露したデビュー曲は自ら歌いたいと志願したといい「お母さんが見に来てくれたので原点を忘れないようにしたかった」と華原。今後は「ボイストレーニングを増やして、それに向けて体調管理をしていきたい」と気合十分で、ライブやコンサートにも「やってみたい。今は一つ一つを大事にしていきたい時期なので次のステップに向けて前向きにいきたい」と笑顔で話していた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube