H&Mが中国地方に進出 今秋、広島市内にオープン

今秋、中国地方初の店舗を広島にオープンするH&Mの最旬トレンドファッション

[拡大写真]

今秋、中国地方初の店舗を広島にオープンするH&Mの最旬トレンドファッション
 スウェーデン発のファストファッションチェーンH&Mは11日、中国地方初の店舗を今秋にオープンすると発表した。店舗の場所は広島県広島市中区堀川町で、広島駅に近い商店街の一角に位置。売り場面積は約2000平方メートルとなり、6フロア構成で展開する。

 H&Mは2008年、銀座に日本1号店をオープン。トレンド性とリーズナブルな価格設定は日本上陸当初から評判となり、店舗前に長蛇の列ができるほど注目を集めた。現在は地方都市にも積極的に進出。13年4月中に開店する店舗を含めると、関東5県(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)のほか、東北地方(宮城)、東海地方(静岡、愛知、岐阜)、関西地方(大阪、兵庫)、九州地方(福岡県)で計29店舗を展開している。

 中国地方初の店舗『H&M HIROSHIMA』では、レディース、メンズのほか、若者向けのストリートカジュアルファッションラインDivided、アクセサリー類も用意。H&M ジャパンのカントリーマネジャー、クリスティン・エドマン氏は、「中国地方の主要都市である広島市に、中国地方初の店舗を出店することができ、とても嬉しく思います。広島市を始め中国地方の皆様に、最先端のトレンドからベーシックまであらゆる種類を取り揃えた、H&Mのファッションを楽しんでいただきたいと思います」とコメントしている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube