10〜20代女子がファッション誌に求めているモノとは?

10〜20代女子がファッション誌に求めているモノとは…?

[拡大写真]

10〜20代女子がファッション誌に求めているモノとは…?
 “雑誌不況”と言われて久しい昨今。30〜40代向けの女性ファッション誌が続々と創刊される一方で、売上減少を理由に休刊する雑誌も多い。では今、女性たちはファッション誌に何を求めているのか。オリコンMEが10〜40代の女性500人に調査を実施したところ、30〜40代より10〜20代の方が、ファッション誌への要求と期待度が高いことがわかった。

 同調査で「ファッション誌を読む、または購入する際の重要ポイント(複数回答可)」を聞いたところ、【雑誌が提案するファッションスタイルやコーディネートのセンスの良さ】が10〜20(54.0%)、30〜40代(40.8%)共にもっとも多く、【価格】(10〜20代48.4%、30〜40代26.0%)、【ファッションアイテムの使いこなしなどのノウハウ】(10〜20代39.6%、30〜40代29.2%)が続いた。

 また、この設問で上がった回答18項目のうち、30〜40代の意見のほうが多く集まったのは【高級な(または高級感のある)商品情報の充実度】(10〜20代4.8%、30〜40代8.0%)、【一定のスタイルや世界観で統一された誌面構成】(10〜20代11.6%、30〜40代12.4%)のみ。ほか16項目はすべて、30〜40代より10〜20代の方が高い数字になった。

 そんな10〜20代に、日本ABC協会および日本雑誌協会がセグメントしている「ファッション・総合」雑誌と「ライフスタイル」雑誌を対象に満足度調査を実施したところ、ファッション・総合部門は『ViVi』(講談社)、ライフスタイル部門は『non-no』(集英社)が1位を獲得した。

 『ViVi』の鴉田久美子編集長にこの結果についてうかがったところ、「うちは他誌と比べて情報量がすごく多いんです。それと、読み応えを重視して「650円でこれはおトク!」という取材盛り盛りの作り方をしているので、読んでもらえれば満足してもらえるというのはあると思います」と分析。

 携帯電話やインターネットと共に育ち、氾濫している情報の中から自分の好みを見つける術に慣れている10〜20代女子にとって、雑誌も情報量やファッションの多様さが重要になるのかもしれない。

【調査概要】
◆調査名:「女性ファッション誌に関する意識・実態調査」
◆調査期間: 2013年3月12日(火)〜3月20日(水)
◆調査地域:全国
◆調査対象:10〜40代女性各125の計500サンプル(30〜40代は常勤者)
◆調査方法:インターネット調査
◆調査機関:オリコン・モニターリサーチ

◆調査名:「女性ファッション誌満足度調査」
◆調査期間: 2013年3月15日(金)〜3月19日(火)
◆調査対象商品:日本ABC協会および日本雑誌協会がセグメントしている『ファッション・総合』の上位4誌、『ライフスタイル』の上位5誌
◆調査対象者:各カテゴリーで対象雑誌全てを閲読している人 10代〜20代の女性各カテゴリー400人
◆調査方法:インターネット調査/全国
◆満足度評価:下記項目に対して、“とても満足である”を10点、“まったく満足ではない”を1点として10点満点評価。平均点を100ポイント満点で換算。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事