つるとんたんの夏メニュー「フルーツ甘味うどん」を体験

マンゴーヨーグルトのおうどん

[拡大写真]

マンゴーヨーグルトのおうどん
 厳しい暑さに負けて食欲が落ちてきてしまい、冷たいものやノド越しのいいものに惹かれやすいこの時期。そんなニーズを受けて「麺匠の心つくし つるとんたん」に今夏登場した季節メニュー『夏の特選 甘味のおうどん』が、ネット上などで大きな話題になっている。冷たくてノド越しが良く、しかも甘い!というこのメニュー。食事なの?デザートなの? その不思議な風味を体験してきた。

 今夏登場した期間限定の甘味うどんは、「マンゴーヨーグルトのおうどん」と「イタリアン・フルーツポンチ“マチェドニア風”」の2種類。どちらも「つるとんたん」独特の大きな青磁色の器に綺麗に盛られており、見た目は今までのうどんのイメージはない。間違いなく夏を感じられるスイーツだ。このようなメニューを発売するのは24年の歴史の中でも初めてのこと。同社によると「うどんの新しい魅力を伝えたくて開発した」という。

 「イタリアン・フルーツポンチ“マチェドニア風”」はキウイ・マンゴー・黄桃・ブトウなど、盛りだくさんのフルーツとすいかのソルベが中央のバニラアイスを取り囲んだ、鮮やかな一品。“マチェドニア”はイタリア風のフルーツポンチのことだが、フルーツとうどんとの組み合わせは未知の世界だ。口に入れると、うどんが白玉や求肥に近い感覚になって広がり、フルーツの甘味&酸味とマッチしていく。スープは少々酸味があり、さっぱりとした味わい。バニラアイスと西瓜のソルベを溶かしながら食べていくとスープの味わいが変化するので、その過程も楽しめる。

 次にいただいた「マンゴーヨーグルトのおうどん」は、うどんの姿を隠すほどにマンゴーピューレとヨーグルトがたっぷり。こちらもすいか、キウイ、ブルーベリーなど、たくさんのフルーツで彩られている。濃厚なヨーグルトがもちもちとした食感のうどんによく絡み、口の中いっぱいに甘酸っぱさが広がる。マンゴーの風味でうどんを食すという不思議な感覚。“麺をすする”という動作はあるものの、もはやこれはデザートだろう。

 6月より提供を行っているこれらメニューは、特に女性のグループを中心に人気。数名でシェアしている人が多いという。同社は今後も季節ごとに新商品を提供していくとしている。

 季節メニュー『夏の特選 甘味のおうどん』は関東では六本木(琴しょう楼・楽精庵を含む)と新宿の2店舗、関西では宗右衛門町、北新地、北新地本通り 琴しょう楼の3店舗にて8月末日まで提供予定。気になる人は急いで。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事