ジャズ・ピアニスト大江千里、“来日ツアー”再び

現在の拠点である米ニューヨークから“来日”し、全国ツアーを実施している大江千里

[拡大写真]

現在の拠点である米ニューヨークから“来日”し、全国ツアーを実施している大江千里
 「十人十色」「格好悪い振られ方」「ありがとう」などで知られ、現在はジャズ・ピアニストとして活動している大江千里が、現在の拠点である米ニューヨークから“来日”し、全国ツアーを実施。7日には東京JAZZに出演したほか、都内では13日、ブルーノート東京(東京都港区)で公演を行う。

 2008年にニューヨークへ渡り、名門校であるニュー・スクールに入学してジャズを学んだ大江。2012年、52歳でリリースしたジャズ・ピアニストとしてのデビューアルバム『Boys Mature Slow』は、ジャズ雑誌『ジャズジャパン』でアルバム・オブ・ザ・イヤー(ニュー・スター部門)を受賞。日本先行発売の最新作『Spooky Hotel』はスティングとの共演で知られる女性ヴォーカリスト、ジョー・ローリー等を迎え、全曲書き下ろしのビッグ・バンド・サウンドに取り組んでいる。

 ツアーはそのほか、愛知・名古屋ブルーノート(9日)、大阪・サンケイホールブリーゼ(10日)、神奈川・モーションブルーヨコハマ(12日)、岩手・いわてJAZZ 2013(15日)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube