コラボメニューも! ピーターラビットの企画展開催

銀座・ソニービルで10月1日より開催される『 ピーターラビット in GINZA 〜絵手紙120周年〜』

[拡大写真]

銀座・ソニービルで10月1日より開催される『 ピーターラビット in GINZA 〜絵手紙120周年〜』
 イギリスで生まれ、今もなお世界中の人から愛されている「ピーターラビット」が生まれて“絵手紙”が120周年を迎えたことを記念し、銀座・ソニービルで10月1日より『 ピーターラビット in GINZA 〜絵手紙120周年〜』が開催される。「ピーターラビット」と作者のビアトリクス・ポター氏についての歴史とその魅力のほか、ゆかりの地である、英国・湖水地方も紹介。ピーターラビットファンはもちろんのこと、今秋の注目キーワード「英国トラディショナル」に関心を寄せる人にとって魅力的な内容となっている。

 世界中で愛されているピーターラビットは、1893年9月、作者のポター氏が5歳の少年、ノエルにあてて書いた絵手紙をきっかけに誕生。その後、ポター氏は1901年にこのピーターラビットの物語を自費出版し、翌年10月にはすべての絵に色を付けた状態で、フレデリック・ウォーン社から『ピーターラビットのおはなし』として刊行された。同作品はまたたく間にヒットとなり、100年以上経った現在でも世界中で読み継がれている。

 そんなピーターラビットの世界観を表現した企画を、ビルの各所で繰り広げる同イベント。1階のエントランスホールには期間限定ショップをオープンするほか、8階のコミュニケーションゾーンでは作者のポター氏やピーターラビットの世界を、ヴィンテージグッズやレプリカの展示などで表現。屋外のイベントスペースは『ピーターラビットのおはなし』に登場するシーンをイメージした「ピーターラビットガーデン」を展開する。

 そのほか、館内の各店舗もピーターラビットとコラボレーション。カフェやレストランでは限定メニューを用意するほか、ジュエリーブランド「THE KISS」ではネックレスを限定販売。PLAZA GINZAでもピーターラビットのインポートアイテムを展開する。

 同イベントは14日(月・祝)まで(屋外イベントスペースは13日まで)。入場無料。10月1日、5日、6日、12日、13日にはピーターラビットも来場する(1日4回、各回20分)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube