秋の銀座にバラの空中庭園〜ファンケルが期間限定無料開放

屋上庭園がバラの花で埋め尽くされた、ファンケル 銀座スクエアの『オータムローズ2013』 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

屋上庭園がバラの花で埋め尽くされた、ファンケル 銀座スクエアの『オータムローズ2013』 (C)oricon ME inc.
 ファンケルは11月1日、「ファンケル 銀座スクエア」(東京都中央区)の屋上庭園を秋のバラで埋め尽くした企画『オータムローズ2013』をスタートさせた。通常、一般客は入れないロイヤルルームとテラスガーデンを入場無料で開放。バラが咲き乱れるテラスガーデンを自由に見てまわれるほか、ロイヤルルームではバラグッズの販売、お茶の無料サービスなどを行う。

 バラが開花する時期に合わせて春と秋に開催している同企画。今春のイベント時は1週間の開催期間中、過去最高となる約4700名が来場した。今秋のテーマは「アール・ドゥ・ヴィーブル(生活の中の美しいもの)」。バラ愛好家の協力により、大輪のハイブリットティーや房咲きのフロリパンダ、カップ咲きのフレンチローズなど約200種類のバラが揃った。

 なかには和風の植木鉢を組み合わせているもの、コーヒー袋で育てているものなど、ガーデニングのアイデアとしても参考になるものも。真紅のバラと額縁を組み合わせた作品も展示され、アーティスティックな空間となっている。

 「秋バラは色が濃く、香りも豊かだと言われています。ファンケルは無香料無着色の製品が多いのですが、この期間だけはバラの香りがフワッと漂うんです」と語るのは館長の深澤典子さん。今回はバラの写真や絵画の展示などを行うほか、バラの香りコンテストなども実施してイベントを盛り上げる。

 同企画は入場無料。8日までの期間限定で、開放時間は午前11時30分〜午後6時30分まで。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube