おもはらの森 雪&音と光のイルミネーション

「おもはらの森」クリスマスイルミネーション (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

「おもはらの森」クリスマスイルミネーション (C)oricon ME inc.
 東急プラザ表参道原宿は5日、屋上テラス「おもはらの森」のクリスマスイルミネーション点灯式を開催した。会場には歌手の家入レオがThe SHEL'TTER TOKYOの衣装をまとって登場し、来場者の前でアコースティックライブを披露。家入が歌うクリスマスソングや新曲「太陽の女神」に合わせてイルミネーションがさまざまな色に変化したほか、空から雪が降る演出も行なわれ、あたりは幻想的な雰囲気に包まれた。

 同施設のクリスマス企画『OMOHARA WHITE CHRISTMAS』のテーマは“Gift〜森からの贈り物〜”。「おもはらの森」中央には、たくさんのラッピングされたプレゼントボックスをピラミッドのように積み上げ、一番上にミラーボールを置いた煌びやかなツリーを設置。周辺の木々には多くの電飾が散りばめられている。また、通常は厳かに輝いているイルミネーションだが、期間中毎日午後5時から9時までの間、音とシンクロして光の表情が変わる「音と光のショー」を30分に1回、1日計8回実施。また、12月の金・土・日曜と、21〜25日までのクリスマス期間には、雪を降らせる演出も行う。

 イルミネーションは12月25日まで。「おもはらの森」以外にも館内の各所に装飾や仕掛けを設置するほか、各テナントから限定アイテムを展開し、クリスマスムードを盛り上げる。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube