銀座にプラネタリウム ソニービルで期間限定開催

銀座・ソニービルで開催『サウンド・プラネタリウム〜満点の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会〜』 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

銀座・ソニービルで開催『サウンド・プラネタリウム〜満点の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会〜』 (C)oricon ME inc.
 銀座・ソニービルが13日、8階のコニュニケーションゾーン・OPUS(オーパス)にて『サウンド・プラネタリウム〜満点の星空の下で味わう、ソニーのハイレゾ音楽体験会〜』を開催した。期間限定の企画となっており、小宇宙のようなプラネタリウムで音楽を浴びるように聴く体験ができる。

 同企画は、プラネタリウム・クリエーターである大平貴之氏が製作・監修した投影機「MEGASTAR」を使用し、肉眼では見ることのできない星まで映し出す。さらにソニースピーカー「SS-AR1」とアンプ「TA-DA5800ES」の音響システムにより、人間の聴覚で聴くことのできない音域まで再現する“ハイレゾリューション・オーディオ音源”で空間を創り出した。

 12日に行われたプレス試写会にゲストとして登場した大平氏は、初タッグとなるソニーのハイレゾリューション・オーディオとMEGASTARについて、「人間の感覚では本来表現することのできないものを表現する」と共通点を分析。無数の星空や、色とりどりに変化し続けるオーロラとオーディオ音源とのコラボに、「新しい世界を感じて頂きたい」と語った。

 CDを超える高音質のハイレゾリューション音源として流れる曲は1回につき3曲。33日間にわたる開催期間の前半と後半で楽曲が変わり、計6曲が満天の星空とともに上映される。楽曲はビリー・ジョエル「素顔のままで」、マイケル・ジャクソン「Human Nature」、いきものがかり「風が吹いている」、Chara「やさしい気持ち(Special Kiss Ver.)」など。

 会場の定員は約52名で上映時間は約15分。椅子に腰かけたり床に置かれたクッションにもたれるなど、好きな体勢でリラックスしながら見ることができる。入場は無料、13日より12月15日までの期間限定で開催される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube