素材の可能性も追求 Bottega Venetaの2014年春夏コレクション

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)の2014年春夏コレクション

[拡大写真]

Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)の2014年春夏コレクション
 イタリアのファッションブランド・Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)が披露した2014年春夏コレクション。カラーパレットは幅が広く、フォルムのバランスも多様であるものの、コレクション全体に独特の女性らしさと現代性が漂っている点がポイントだ。

 今シーズンの注目ポイントは、コットンと銅の糸をほぼ同量ずつ織り込み、しわを寄せた、独特の表情と手触りが特長のブランドオリジナルのファブリック。そのほか、シルクオーガンザやシルクサテン、コットンポプリン、織り目の詰まったクレープ、プリーツが入ったコットンジャージー、上質なナッパレザー、モヘアの糸なども使用し、素材の可能性を追求。クリエイティブ・ディレクターのトーマス・マイヤー氏は「今回のコレクションは素材と技術の両方における新鮮さを追求するものとなりました。ファブリックに導かれるような形で、私たちが成し遂げられる可能性を広げていったことは大変興味深いものでした」とコメントしている。

 また、今回のコレクションにはプリントがないものの、刺繍やスワッチの技法を用いてアイデアを実現。カラーは力強いダークカラーと淡いニュートラルカラーで二極化されており、ダークカラーはブラックや様々な色合いのグレー、アドミラルブルー、ネイビー、エスプレッソ、アーミーグリーン、オーベルジーヌ、バーントレッドや、くすんだサーモンなど。明るめの色にはマッドやサンド、ミストにホワイトを添え、華やかさを演出している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube