ケイト・ウィンスレットが第3子男児出産

ロンドン映画祭で大きなお腹を抱えていたケイト・ウィンスレット

[拡大写真]

ロンドン映画祭で大きなお腹を抱えていたケイト・ウィンスレット
 オスカー女優のケイト・ウィンスレット(38)が7日(現地時間)、イギリス・サセックス州にある病院で4082グラムの第3子となる男児を出産したことがわかった。

 今年10月に行われた最新作『とらわれて夏』(2014年GW公開予定)のロンドン映画祭でのレッドカーペットでは、大きなお腹を抱えて満面の笑みで歩くなど、出産も間近と報じられていた。

 ケイトは2000年に出演作『グッバイ・モロッコ』の助監督である最初の夫ジム・スレアプレトンとの間に第1子女児を出産。2003年には2番目の夫である『007 スカイフォール』の映画監督サム・メンデスとの間に第2子となる男児を出産している。昨年12月にはヴァージン・グループの創業者リチャード・ブランソン氏の甥にあたり、現在の夫となるネッド・ロックンロールと結婚している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事