故エルヴィス・プレスリーの娘、リサ・マリー・プレスリーが初来日公演実施

4月、ブルーノート東京(東京都港区)で初来日公演を行うリサ・マリー・プレスリー

[拡大写真]

4月、ブルーノート東京(東京都港区)で初来日公演を行うリサ・マリー・プレスリー
 “キング・オブ・ロックンロール”と称され、今もなお伝説のミュージシャンとして根強い知名度を誇る故エルヴィス・プレスリー。その一人娘として知られるリサ・マリー・プレスリーが4月、ブルーノート東京(東京都港区)で初の来日公演を行う。

 伝説的スターを父に持ち、故マイケル・ジャクソン、ニコラス・ケイジらとの結婚・離婚でも注目されたリサは、2000年代に入って音楽活動に力を入れるように。2003年、35歳でメジャーデビューを果たすと、父譲りの歌唱力とカリスマ性、美貌で注目を集め、米国のヒットチャート上位にランクインした。これまでに3枚のアルバムを発表しており、Tボーン・バーネットがプロデュースを手掛けた最新アルバム『Storm & Grace』も話題になっている。

 リサは何度か来日しており、2006年には現在の夫であるギタリストのマイケル・ロックウッドと京都で和装の結婚式を挙げているほどだが、シンガーとして日本のステージに立つのは初めて。デビューから10年が経ち、ミュージシャンとしても女としても“経験”という名の財産を築いたリサの歌声がいよいよ、日本で披露される。

 公演は4月8日〜10日。1stステージが午後7時から(開場5時30分)、2ndが同9時30分から(同8時45分)で、価格は税込8500円(飲食代別)。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube