伊勢丹に続き… 三越、57年ぶりに紙袋のデザインを変更

4月1日から使用される、友禅作家の森口邦彦氏がデザインした三越の「新」ショッピングバッグ

[拡大写真]

4月1日から使用される、友禅作家の森口邦彦氏がデザインした三越の「新」ショッピングバッグ
 百貨店の三越は27日、ショッピングバッグ(紙袋)のデザインを4月1日より変更すると発表した。同店が紙袋のデザインを変更するのは57年ぶり。新デザインは親子二代にわたって重要無形文化財(人間国宝)として活躍している友禅作家の森口邦彦氏が手掛けたもの。伝統的な友禅の技法を用いて“リンゴ”を大胆な幾何学文様で表現した、“古典と現代の融合”が特徴となっている。

 新デザインのショッピングバッグは、森口氏が日本伝統工芸展出品した友禅訪問着のデザインをベースに考案。訪問着の柄をそのまま写すのではなく、今回のバッグのためにデザインの配置を設計し直し、新たに染め上げている。


 現在使用している水色と紺、ピンクの3色を使ったショッピングバッグは1957年から使われているもの。今回のリニューアルは同店が呉服屋から“デパートメント”に転換してから今年で110年を迎えることから行うことになった。1950年から続く洋画家、猪熊弦一郎氏デザインの包装紙「華ひらく」は変更しない。

 なお、グループ企業である伊勢丹も昨年10月、55年ぶりにトレードマークのタータンチェック柄を新デザインに変更している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube