最高齢は75歳! 女性だらけランニング大会で約4500人が疾走

女性約4500人が参加した『渋谷・表参道Women’s Run』の様子

[拡大写真]

女性約4500人が参加した『渋谷・表参道Women’s Run』の様子
 女性ランナーだけで行うランニングイベント『渋谷・表参道Woman’s Run』が2日に行われ、約4500人の女性たちが渋谷・表参道を走り抜けた。今大会にはゲストランナーとしてモデルの長谷川理恵のほか、今大会最高齢となる75歳の女性ランナーも参加。1週間前に東京マラソンを走ったばかりという長谷川は余裕のランでゴールし、「今日は女性だけの大会だけあって、ウエアもカラフルで明治神宮の中を駆け抜けると高原を走っているような気分で、楽しくランニングできました」と笑顔を見せた。

 1977年・78年の2年間、女性マラソンの先駆けとして行われた「原宿女子ミニマラソン」を前身とし、2011年から行われている同大会。今年は “ランニング大会デビュー専用枠”を設けて定員を1000人増やし、大会に出たことがない人でも気軽に参加できるよう配慮し、68歳で大会デビューを果たした新人ランナーや、福島で被災し、現在は東京に住んでいるという女性も参加した。

 コースとなった代々木公園、渋谷周辺、表参道、明治神宮など原宿・表参道エリアの約10kmには、女性らしいカラフルなウエアを着こんだ女性たちが駆け抜け、あたり一面華やかな雰囲気に。初参加の女性は「知らない人がハイタッチしてくれたり、パワースポットの明治神宮にもパワーがもらえたようで、本当に楽しかったです!」と充実の表情を見せた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事