六本木ヒルズの森美術館、改修のため一時休館

 東京・六本木の六本木ヒルズ(港区)にある森美術館が、2015年1月5日より一時休館する。

 六本木ヒルズは2003年4月にオープン。森美術館は同年10月に開館した。それから10年経っていることから、各種設備の修繕と展示空間の改修を目的に、一時的な休館が決定した。

 該当するのは53階の森美術館のほか、52階の東京シティビュー(屋上スカイデッキ)、森アーツセンターギャラリー、カフェ、ショップなどの関連施設。改修工事の後、リニューアルオープンは2015年4月25日を予定している。

 森美術館は地上約230mのアート空間として話題に。開館時間を午後10時まで延長する曜日が設けられているため「仕事帰りにのんびりアート鑑賞ができる」と社会人の間で評価されているほか、『ドラゴンクエスト』、『ワンピース』、『ピーナッツ』など、人気のゲームや漫画をテーマにした展示会も開催して大きな話題になった。なお、現在は開館10周年を記念した『アンディ・ウォーホル展:永遠の15分』を開催している(5月6日まで)。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube