山田まりや、育児に奮闘「前歯2本折れた」

IBD(炎症性腸疾患)の啓発イベントに登場したタレント・山田まりや (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

IBD(炎症性腸疾患)の啓発イベントに登場したタレント・山田まりや (C)oricon ME inc.
 タレントの山田まりやが19日、都内で行われたIBD(炎症性腸疾患)の啓発イベントに登場し、もうすぐ1歳5ヶ月になる長男の成長ぶりを明かした。年齢的に動き回るようになった長男は元気いっぱいのようで、「前歯に差し歯があるんですけど、(息子に)2本折られたりして。昨日も歯医者さんに行ってきたんです」と苦笑い。「公園をハシゴしたり、エネルギーを発散させるために日々奮闘してます」とママの顔をのぞかせた。

 第一子である長男は2012年12月29日に誕生。徐々に歯が生えてくる頃ということもあり、「今日も噛み跡とか色々あって少し恥ずかしい」とはにかみながら、「ワンちゃんの甘噛みみたいなもので、悪気はなくて“ママ大好き!”って(噛む)」と笑顔を見せた。

 同イベントは炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)の 認知促進を目指し、5月19日を「IBDを理解する日」と制定したことにちなみ行われたもので、今回で2回目。類似した症状で苦しんだ山田も「激しい嘔吐や下痢で何度も手術や入院を繰り返したりしました」と語ったほか、共にイベントに参加した潰瘍性大腸炎を抱えるプロゴルファーの重永亜斗夢選手も「症状を話しても笑って流されてしまうんですよね」など、周囲に気付かれにくい苦しさを語り、理解を求めた。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube