“怪談”テーマのクラヤミ食堂、ホテル椿山荘東京で初開催

「クラヤミ食堂」は、暗闇と五感、ストーリーにゆだねる体験型イベント

[拡大写真]

「クラヤミ食堂」は、暗闇と五感、ストーリーにゆだねる体験型イベント
 花火大会や音楽フェスなど、夏は楽しい大衆イベントが目白押し。大型に限らず、夏ならではの催し物を企画する企業や店舗は多いが、由緒あるホテル椿山荘東京(文京区)でも、目隠しの状態で食事を楽しむ「クラヤミ食堂」とコラボレーションした“五感”を刺激する異色のイベントを開催。日本の夏の風物詩である“怪談話”をテーマに、全7話それぞれの物語のイメージに沿った料理を振る舞う。暗闇で味わうフルコースは、参加者を異世界へと導いてくれそうだ。

 「クラヤミ食堂」は視覚を遮断し、自分のすべてを暗闇と五感、ストーリーにゆだねる体験型イベント。今回は“かたちにはならないもの”を提供したいと考える同ホテルが、それを具現化する第一歩として挑む取り組みで、クラヤミ食堂とのコラボはこれが初めてとなる。

 イベント会場では、受付場所からさっそく目隠しを装着。スタッフのサポートによって移動し、着席後に同じテーブルのメンバーと乾杯をしてスタートする。暗闇の中、怪談・奇たんが“化けた”和洋さまざまな料理を堪能すれば、日頃感じることのできない驚きや発見があり、自身の新たな可能性に出会うことができるとか。

 料金はひとり1万2000円。8月8〜10日の3日間限定で開催。夏休み、いままで知らなかった新しい自分を探しに出かけてみては?

⇒⇒「暗闇怪談」 powered by クラヤミ食堂はコチラ


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube