代官山の東急線路跡地に来春、商業施設誕生

代官山の東横線跡地に新たな商業施設が誕生、代官山駅側の入口イメージ(提供:東急電鉄)

[拡大写真]

代官山の東横線跡地に新たな商業施設が誕生、代官山駅側の入口イメージ(提供:東急電鉄)
 昨年3月に行われた東横線の地下化により生まれた代官山の線路跡地に2015年春、新しい商業施設が誕生する。東急電鉄が16日、詳細を発表した。全長220メートルの跡地に5棟の商業店舗を建設。キリンビールの新業態店舗や日本初上陸となるアメリカ西海岸のライフスタイル複合セレクトモール「フレッド・シーガル」、同じく初上陸となるサンフランシスコの人気ベーカリー「タルティーン ベーカリー&カフェ」がテナントとして入居する。

 同施設が目指すのは、“集い”“憩い”“刺激”のある新しい形態の商業空間。長い敷地の端から端を結ぶ散策路には、四季折々の花と緑が溢れ、都心にいながら気持ちの良い空気を感じることができるという。プロデュースするのは、自身も代官山在住というブランドプロデューサーの柴田陽子氏。建築デザインには「Saturdays Surf NYG」などショップデザインを多数手がける大堀伸氏を迎え、新たに代官山の街並みが生まれ変わる。

 同社は、「同計画が街の新たなシンボルとなることを期待するとともに、渋谷が“日本一訪れたい街”となることを目指し、今後も価値向上に努めていく」という。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事