再復活TRANS CONTINENTS、銀座に店舗オープン

今年10月初旬、銀座に再復活1号店がオープンする「TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)」ウィメンズアイテム

[拡大写真]

今年10月初旬、銀座に再復活1号店がオープンする「TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)」ウィメンズアイテム
 アパレルメーカーのはるやま商事は22日、1990年代に人気を集めたセレクトショップ「TRANS CONTINENTS(トランスコンチネンツ)」の店舗を10月初旬にオープンする。1号店オープンを皮切りに京都、大阪など、今期中に6店舗を構える予定。5年後には75店舗、年間売上目標は100億円を計画している。

 ブランドテーマは「TOKYO JET SETTER(東京ジェットセッター)」。クリエイティブディレクターはスタイリング・デザイナーの小沢宏氏が務め、30代の働く男女をコアターゲットにしたドレスカジュアルウェアを提案。商品構成比はメンズが75%、ウィメンズが25%で、価格帯はメンズジャケットが1万9000円〜3万円、ウィメンズが1万6000円〜2万5000円、シャツ・ブラウス・インナーが3800円〜4800得円、ワンピースが5800円〜9800円など。

 同ブランドは90年代に起こったセレクトショップブームの代表的存在であった同ブランドだが、その後業績が悪化。2004年に東急グループから投資ファンド会社、イマージュと営業権が移りながらもブランドは存続していたが、2008年にイマージュがブランドを清算。その後、ポイント社が運営したが、2010年にブランドを休止。その後、フェローズがメンズを中心としたライセンス展開を行っている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube