「ベルばら」40年ぶりの新刊 新作エピソード4編収録

漫画『ベルサイユのばら』(集英社) 25日に発売する11巻 (C)池田理代子プロダクション

[拡大写真]

漫画『ベルサイユのばら』(集英社) 25日に発売する11巻 (C)池田理代子プロダクション
 漫画家・池田理代子の人気漫画『ベルサイユのばら』(集英社)の新刊11巻(税抜660円)が25日に発売。主人公・オスカルを巡るアンドレやジェローデル、フェルゼン、アランなどの、その後や知られざる過去について描かれた新作エピソード4編が収録されることがわかった。

 新刊は、2013年4月より『マーガレット』に掲載されたエピソードシリーズを収録したほか、エピソード1の「アンドレ編」も15ページ加筆。ほか、カラーページは24ページ収録されている。

 漫画『ベルサイユのばら』は、1972年4月〜1973年12月に『週刊マーガレット』で連載されたのち、テレビアニメや映画、宝塚歌劇の舞台にもなった、少女漫画史上に残る大ヒット作。現在は1972年に発売したコミック1〜10巻を、当時の表紙そのままのデザインで復刊されている。

 そのほか、23日発売されるファッション誌『SPUR 10月号(コンパクト版)』では、オスカルがモードな最新ファッションに身を包みモデルデビュー。9月20日からは、東京・六本木ヒルズ森アーツセンター(東京都港区)にて開催される展覧会『わたしのマーガレット展〜マーガレット・別冊マーガレット少女まんがの半世紀〜』で、同作の原画の展示や、オスカルとアンドレの等身大フィギュアが登場。40年ぶりの新刊発売を祝うかのような、さまざまな企画が目白押しとなっている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube