残暑の影響少なく…今年は早めの秋モード

ユニクロでは、人気の「ヒートテック」アイテムを順次発売中

[拡大写真]

ユニクロでは、人気の「ヒートテック」アイテムを順次発売中
 秋分を迎え、いよいよ秋の訪れが本格化してきた。例年なら「この暑さはいつまで続くんだ…」と、残暑に嫌気を感じる人も多かったと思うが、今年は記録的大雨など各地で天候不良が相次いだせいか、世間ではいつもよりも早く“秋支度”が進んでいたようだ。

 台風接近や記録的豪雨など、悪天候に見舞われた今夏の日本列島。立秋を過ぎてもうだるような暑さが続くのが通年だが、今年は最高気温30度以上の“真夏日”の日数も少なめ。8月と9月(24日現在)の東京地方の気温は、昨年と比べると平均、最高ともに2度近く下回っている。

 肌寒さすら感じる日もあった今年の残暑シーズン。気温の変動に伴い、自然と温かさを求める人は多かったようだ。大手コンビニチェーン「ローソン」では、お盆前頃からスタートした中華まんの販売数が昨年の同時期(8月〜9月)に比べ上昇。ホットドリンクの売上も好調で、「特にお茶類の人気が高いです」(同社広報)。

 また、8月の国内「ユニクロ」売上推移速報によると、直営店とダイレクト販売を含む売上高は、前年比6.2%増で、「8月下旬に気温が下がったことにより、秋物商品の販売が好調」だったという。同じく9月の月次売上高が前年比を上回った「ライトオン」では、「メンズ、ウィメンズともに秋の新作ボトム、パーカーやカーディガンなどの羽織物が堅調に推移した」。

 食にオシャレに芸術にと、見どころ満載な秋本番はこれから。さまざまな“アイテム”で深まる秋をより楽しんでいきたい。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube