花や宝石と共に美しく輝く ロマンチックな体験型デジタルアートイベント

自分自身がデジタルアートの一部となり映像をつくる体験型イベント『LUX 25TH Anniversary ”Bloom to Shine”』が限定開催(26日=東京・表参道ヒルズ) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

自分自身がデジタルアートの一部となり映像をつくる体験型イベント『LUX 25TH Anniversary ”Bloom to Shine”』が限定開催(26日=東京・表参道ヒルズ) (C)oricon ME inc.
 自分自身が最新デジタルアートの一部となり映像を作る体験型イベント「LUX 25th Anniversary ”Bloom to Shine”」(東京・表参道ヒルズ 27・28日開催)が26日、報道陣に公開された。黒とゴールドで構成されたラグジュアリーな空間の中、咲き誇る花や美しいジュエリーのデジタルアートを背景に映像を撮影する同企画。人に合わせて背景の映像も動くため、唯一無二の作品を作ることができる。

 同イベントはユニリーバ・ジャパンのヘアヘアブランド「LUX(ラックス)」が、日本発売25周年を記念したもの。「一人ひとりが主役になれ、喜びにあふれた輝きを体験してほしい」との趣旨で、最先端クリエイターチームがプロデュースを手掛けた。

 撮影ブースは全部で4台。参加者がスクリーンの前に立つと、センサーカメラがその人を感知して、複数ある背景パターンから美しいビジュアルを生成し、公式カメラが映像を撮影していく。ハーフミラーで自分の映像を見ることもできるため、それを自撮りすることも可能。また、公式カメラが撮影した映像は公式Webサイト上にて公開されるほか、その場でダウンロードすることもできる。体験時間は約3分を予定。

 ひと足早く同イベントを体験したモデルの女性は「自分で撮りたい角度を見ながら調整できて楽しい」と笑顔を見せていた。参加費は無料。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube