フランス発ラグジュアリーブランド、海外初の路面店を青山にオープン

東京・青山に路面店が誕生 フランス発ラグジュアリーブランド「ローズ エ マリウス」のタンブラー

[拡大写真]

東京・青山に路面店が誕生 フランス発ラグジュアリーブランド「ローズ エ マリウス」のタンブラー
 南仏プロヴァンスで2012年に誕生したラグジュアリーブランド「ローズ エ マリウス」が27日、東京・青山に海外初の路面店をオープン。リモージュ地方で焼かれた陶磁器のタンブラーは手作業でモザイク柄を描き、仕上げにはプラチナ箔や金箔をあしらった高級感のあるアイテム。食器洗い機を使用でき、キャンドルホルダーのほか、小物入れ、花瓶など、インテリアのエッセンスとして、さまざまな用途で楽しめる。

 タンブラーは6500円から。キャンドルを入れて火を灯すと、は陶磁器が透けて幻想的な雰囲気に…。カップは48絵柄、キャンドルは14種の香りを用意している。

 そのほか、南仏のモザイクタイルを表現した、美しい石けんのコレクション(35g950円〜)にはラベンダー、レモンピール、バニラ、ぶどうの種などを用いたスクラブタイプも。香水の名産地として知られるフランスのグラース地方にて生産されているオー ド トワレは手作りのクリスタルボトルを用いた、ヨーロッパのクラシカルなデザインがポイント。持ち歩きに便利なロールオンタイプが5000円(15ml)、スプレータイプ9500円(30ml)。上質なデザインと香りはギフトにしても喜ばれそう。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube