ブランド初の試みが満載 「niko and」ニューショップに潜入

東京・原宿にオープンする「niko and ... TOKYO」 第1弾は「45日のポートランド」をテーマに店頭スペースを展開

[拡大写真]

東京・原宿にオープンする「niko and ... TOKYO」 第1弾は「45日のポートランド」をテーマに店頭スペースを展開
 ライフスタイルブランド「niko and ...(ニコアンド)」のコンセプトショップ「niko and ... TOKYO」が10月30日、東京・原宿に誕生する。グローバル展開を視野に入れたニューショップは、雑誌の編集を行うように定期的なサイクルで店頭スペースの展示を替えるなど、同ブランド初の試みが目白押し。オープンを目前に控えた店舗にお邪魔した。

 「これまでのブランドのイメージを新たに、『何かおもしろいことを』という思いからはじまりました」と語るのは、販売促進部の佐久間義高さん。その言葉通り、同ショップでは「雑誌のように編集し、特集と連載を持つお店」というコンセプトを掲げ、店頭スペースに“雑誌の特集”と位置づけた展示スペースを展開。45日〜60日程度のサイクルでテーマを変え、関連アイテムを展示していくシステムを設けた。

 第1弾のテーマは「45日のポートランド」。豊かな自然に囲まれたポートランドの文化が、ブランド方針とリンクすることから、“オープン特集”として取り上げることになったそう。店頭には、心地よい暮らしをアシストしてくれそうなハイセンスなグッズが並ぶ。テーマに縛りはなく、今後も自由な発想で取り上げていくという。

 “雑誌の連載”として展開するその他のスペースには、洋服からアクセサリー、雑貨、キッチン用品など、さまざまな商品がズラリ。通常の同ブランドショップとは、ガラリと違うラインナップも見どころとなっている。さらに、書籍やグリーン、レストラン、レンタサイクルといった、生活をより豊かにするブランド初の常設コーナーも大きなポイント。併設のレストランは、米国・ポートランドの人気レストラン『navarre(ナヴァー)』の日本1号店で、素材を活かしたメニューは見た目はシンプルながらどれも絶品だとか。

 「自信を持ってオススメできる商品やコンテンツが揃っています。自分の楽しみを見つける場所だったり、ここに来れば何か新しい発見があると思われるお店を目指したいですね」(同)。この秋、新たな出合いを求めフラリと立ち寄ってみては?

【店内写真をもっと見る】⇒日本初上陸のレストランやレンタサイクルも完備! 


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube