第23代目『トリンプ・イメージガール』がお披露目

『2015トリンプ・イメージガール』がお披露目(左から)永田レイナ(22)、鎌滝えり(19) (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

『2015トリンプ・イメージガール』がお披露目(左から)永田レイナ(22)、鎌滝えり(19) (C)ORICON NewS inc.
 『2015トリンプ・イメージガール』発表会が29日、都内で行われ、第23代目となる永田レイナ(22)、鎌滝えり(19)が初お披露目された。発表会では昨年度のイメージガール、高原愛と大石絵理からクリスタルトロフィーを受け取った。

 永田は2014ミス・アース日本代表の身長172センチ(B83/W62/H83)で「それほどバストサイズがあるわけではないですがこういう風にコンプレックスをカバーでき、自信をもたせる存在になれたら」とアピール。中学時代はソフトボール部に所属しファーストを守った経験を持つ自他ともに認める野球好きという永田は、写真撮影でもグローブ片手にポーズを取り「スポーツをされる女性が着用しやすい商品をアピールしたい」と意気込んだ。

 一方、特技の手話で報道陣にあいさつした鎌滝は『2012 ミスティーンジャパン』準グランプリを受賞、身長169センチ(B78/W58/H85)の均一のとれたスタイルが魅力だが、15歳の時には今より体重が15キロ重かったといい「もともと引きこもりで内気で自分に自信のない子が人前で下着姿をさらせるくらいになったので、綺麗になれば強くなれるということを伝えていきたい」と胸を張った。

 総勢249人の中から3ヶ月間の厳正な審査を経て、起用された2人は11月1日より本格的にイメージガールとして始動。普段着用する下着は「パステルが多い」という鎌滝と、「モデルの仕事に響かないベージュの下着や、黒が多い」という永田。「全くタイプの違う2人がそれぞれの良さや個性を生かして商品をピーアールしていきます」と永田は笑顔で宣言した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube