ディオール、15年の秋は“スパンコール使い”がポイント

ディオール、2015年の秋に向けたファッションショー『Esprit Dior TOKYO 2015』開催 (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

ディオール、2015年の秋に向けたファッションショー『Esprit Dior TOKYO 2015』開催 (C)ORICON NewS inc.
 ファッションブランド「クリスチャン ディオール」が11日、東京・両国国技館にて2015年の秋に向けたファッションショー『Esprit Dior TOKYO 2015』を開催した。コレクションには、トップスや首元にシルバーのスパンコールを取り入れたデザインが多く登場。シンプルなデザインに原色の小物を合わせた色使いなどを披露した。

 同ブランドでは、プレタポルテとオートクチュールショーを拠点である仏・パリで、今年5月には2015年クルーズコレクションのショーを米・ニューヨークで行っており、これに続く新作コレクションの発表の地として、東京を選出。ディオールの歴史において初の“ランウェイショー形式”でのコレクション発表ということで、注目を集めていた。

 国技館の中に作られた正方形のランウェイは、いくつものパイプが重ねられた近未来的な空間。人工雪を降らすなど幻想的な演出で見る人を魅了した。ショーではタイトなシルエットのトップスに、キラキラと輝くスパンコールをあしらったアイテムなどが続々登場。ホワイトとブラックを基調としたシンプルなワンピースやコートに、差し色としてレッドやブルーのロングブーツやバックなどを合わせるなど、小物使いが印象的なコレクションとなった。クラシカルなニットベストや、切り返しで異素材を組み合わせたロングコートなども多く見受けられ、華やかにランウェイを飾った。

 同ファッションショーには、仏女優のオドレイ・トトゥをはじめ、小雪、河北麻友子、すみれ、高垣麗子、松田龍平、水原希子、森泉、森星ら多くの著名人が来場。約1600人のゲストがファッションショーを楽しんだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube