どんな1年だった? 2014年の満足度、男性は10%以下!?

Q2014年の満足度はどれくらい?

[拡大写真]

Q2014年の満足度はどれくらい?
 いよいよ今年も今日で最後。嬉しかったことや悲しかったこと、2014年もそれぞれにさまざまな物語が展開されたはず。この1年間を振り返った時の満足度は果たしていかほど? ORICON STYLE elthaでは、20〜40代男女にアンケートを実施。満足度合いをパーセント換算してもらうと、女性でもっとも多かった意見が【71〜80%】だったのに対し、男性は【10%以下】が1位に入る結果に。果たしてその理由とは?

 50%以上満足した人の数で比べても、女性は6割(62.8%)だったのに対して、男性は4割(43.7%)と半数以下。ファッションを楽しんだりおいしいものを食べたり、目標に近づくことができたり…日々を謳歌する女性たちの姿が目に浮かぶ一方、男性陣にとって2014年はシビアな1年だったことが伺いとれる。

 満足できなかった理由を詳しく見ていくと、不景気や健康不良にまつわることのほか、仕事やプライベートで「可もなく不可もない1年だったから」(神奈川/30代)、「自分がほとんど成長できなかったから」(山梨/30代)という、自分自身を奮い立たせるような手厳しい回答がズラリ。男性陣の評価が低かった理由は、決して満足していないわけではないけれど、現状キープではなくより高みを目指したいという、潜在的な意識が働いたからなのかも。

 一方、満足度が高かった女性の声を聞くと、「結婚と出産をしました! こんなに濃い1年はいまだかつてなかったです」(埼玉/20代)というように、プライベートの充実に加え、「好きな仕事ができた」(千葉/30代)、「職場で新しいことに挑戦できた」(東京/30代)と、仕事面の成長が満足感を左右していたのがポイント。世間で“輝く女性”がクローズアップされた1年を物語るようなコメントが目立った。

 この1年、長かったなぁという人もいれば、短かったと思う人がいるように、人によって“幸せのものさし”はさまざま。ここで大切なのは、満足度の高さではなく今年の経験をどう次につなげていけるか。結果はどうであれ、この1年頑張った自分を褒めて、また次の1年を気持よくスタートさせて。

【調査概要】
期間:2014年11月12日〜11月20日
対象:1200名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代、50代の男女)
地域:全国
方法:インターネット調査

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事