川原亜矢子、フランス時代の孤独を語る

『サロン・デュ・ショコラ 2015』のセレモニーに登場した川原亜矢子 (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

『サロン・デュ・ショコラ 2015』のセレモニーに登場した川原亜矢子 (C)oricon ME inc.
 女優でモデルの川原亜矢子が20日、都内でチョコレートの祭典『サロン・デュ・ショコラ 2015』のオープニングセレモニーに登場し、フランス時代の思い出を語った。

 世界的ファッションブランドのコレクションでレギュラーモデルを務め、1990年から97年の間、フランス・パリに住居を構えていた川原。「フランス語や英語がわからなかった時期は本当に寂しくて」と、孤独だった当時の心境を吐露。「そんな時でも、ジャン・ポール・エヴァンの1粒のショコラを口に入れた瞬間、優しい温かい気持ちになったことをいまでも覚えています」と振り返った。

 同企画は毎年10月にフランス・パリで開催されている同名イベントの日本版で、伊勢丹が主催。今年は世界17ヶ国、約100のブランドが出展し、これまでの新宿伊勢丹から新宿NSビルに場所を移して21日〜25日に開催される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事