“気になるオトコ”を落とす5つのポイント

男性が恋におちるツボって?

[拡大写真]

男性が恋におちるツボって?
 もうすぐ、バレンタインデー。今年の日取りは土曜ということで、なんとか恋を実らせて素敵な1日を過ごしたい! と祈る乙女たちは少なくないはず。でも、実際にどんな攻め方が効果的なの? ORICON STYLE elthaでは、20〜40代の男性にアンケートを実施。思わず恋に落ちてしまうアプローチをリサーチしたところ、意外と定番に弱い(!?)オトコたちの恋愛のツボが見えてきた。

◆さりげないボディタッチ

 「ねぇねぇ」と優しく肩や背中を叩かれたり、ふとしたタイミングで自然と肌が触れ合ったり…男性陣はそんなさりげないボディタッチにめっぽう弱いようで、「楽しげに話している時のソフトタッチはかなり心に響く」(埼玉/40代)様子。「ボディタッチが多いと、相手を意識してしまう」(埼玉/20代)との声も多く、相手を振り向かせるための一手としても役立ちそう。

◆小悪魔なアクション

 ボディタッチと同様、男性陣は絵に書いたような王道の攻めパターンも好み。アメとムチを上手に使った「思わせ振りな態度」(埼玉/20代)や、「上目使いで見つめられたり、服の袖口を引っ張られたりしたら堪らない」(福岡/40代)とのこと。また、「自分ひとりにだけ甘えてきたり、無防備な姿を見せてきたり」(北海道/40代)と、特別感ある接し方をしてくれた日にはもう…。

◆やっぱり欲しい! ストレートな愛情表現

 それでもやっぱり、好意をシンプルに言葉や態度で受け取りたい男性は多い。特に「突然、2人きりの食事や遊びに連れ出されたらドキドキしてしまいます」(東京/30代)と、デートへの誘いは相手を意識させるという点でも効果大。好きという気持ちを直接口にするなどの積極的な姿勢は、「相手まかせではなく、自分から動いたり提案してくれる人はとても魅力的」(静岡/40代)に感じるよう。

◆弱っている時に支えてくれる

 1年の中でも特に寒いこの時期は、風邪をひいたりと体調を崩しやすいシーズン。相手との距離がある程度近くないと難しくはあるが、「具合が悪い時に看病をしてくれたら…」(兵庫/30代)というように、彼のピンチはあなたにとって恋のチャンスになるかも。「疲れている時に、優しく声をかけてくれたりしたら嬉しいですね」(愛知/20代)という声も多く、さりげない気遣いがハートを掴むきっかけになるかも。

◆とにかく話していて楽しい

 恋人同士はもちろんだが、人間関係を築く最大のコミュニケーションはやっぱり“会話”。「音楽や映画の趣味が似ていたり、話しが盛り上がるだけで自然と意識してしまうかも」(北海道/30代)と、一緒に楽しい時間を共有できるかどうかを会話で判断する男性は少なくないよう。好きな相手と趣味が合うかどうかは、誰もが気になるところだが、たとえ異なっていても背伸びする心配は無用。また、話をしている時の笑顔も胸がときめくポイントになっているようだ。

 今回は、男性陣からのコメントを元に特に目立ったポイントを5つにまとめてみたが、ほかにも「偶然の出会いが3回続いたら」(千葉/40代)や「作ってくれた料理がおいしかった時」(北海道/30代)、「相手のギャップを感じた時」(北海道/30代)などの回答が。効果のほどは人それぞれだと思うが、両思いを目指してまずは一歩踏み出してみては?

【調査概要】
期間:2015年1月16日〜1月22日
対象:600名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の男性)
地域:全国
方法:インターネット調査

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube