バレンタインのびっくりギフト 未来食「イナゴ」乗せチョコレート

ジビエ居酒屋「米とサーカス」でプレゼントされる、イナゴの佃煮乗せチョコレート

[拡大写真]

ジビエ居酒屋「米とサーカス」でプレゼントされる、イナゴの佃煮乗せチョコレート
 3色のカラフルな和野菜チョコレートの上に「イナゴ」をトッピングしたインパクト大!なバレンタインギフトを、ジビエ居酒屋「米とサーカス」(東京都新宿区)が企画。栄養価の面から未来食として注目されている「昆虫食」を気軽に体験してもらう狙いがあるという。

 人や農作物に危害を加えるとされている「害獣」を、食材として活用する提案している同店。鹿・熊・猪などのほか、イナゴ・蜂の子などの昆虫もメニューに取り入れてきた。今回の企画は、人口増加に伴い食糧難が予測される未来の“食材”として注目されている昆虫に着目。「国連食糧農業機関(FAO)の発表によると、昆虫の多くは肉と同様のタンパク質やミネラルを含み、かつ脂肪分は肉よりも良質のものだとされています。その上、昆虫の生息数は無限に近く繁殖力も極めて優れています」(同社)。

 その中でも日本でお馴染みの「イナゴの佃煮」をトッピング。高タンパク低脂肪で炭水化物が多く、ビタミンE・ビタミンB2・鉄、亜鉛、銅、マンガンが豊富で、味は小エビに例えられることが多いという。チョコレートはかぼちゃチョコ、紫芋、抹茶味となっており、それぞれにフリーズドライのフルーツを乗せて彩りを添えている。

 8〜14日の来店者先着35名に配布される。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事