約3人にひとりが所持、オンナが“勝負下着”を着用するワケは?

女性が勝負下着を身につけるのは、まさに“勝負時”?

[拡大写真]

女性が勝負下着を身につけるのは、まさに“勝負時”?
 本日2月12日は、約100年前にアメリカで原型が考案されたことに由来する「ブラジャーの日」。そこで、ORICON STYLE elthaでは、『勝負下着』をテーマに20〜40代の女性にアンケートを実施することに。まず、その所有率を調べてみると、約3人にひとりが【持っている】(36.8%)と回答。その中でも【2〜3枚持っている】(24.5%)と、ストックを用意しているという女性が多かった。そもそも勝負下着は、意中の相手に見られることを意識して身につけるものというイメージが強いが、所有者に「なぜ勝負下着を着用するか?」を尋ねてみると、意外な理由(!?)が浮かび上がってきた。

 女性が考える勝負下着の5大定義は、【ブラとショーツがおそろい】(29.0%)、【レースや網素材が使われている】(17.9%)、【派手なカラー使い】(10.9%)、【透け感がある】(10.7%)、【胸やおしりの露出が多い】(5.1%)こと。やはり、自分自身を美しくセクシーに演出する下着という認識が一般的で、「相手をその気にさせるため」(東京/40代)、「恋人との記念日には特別感を味わいたい」(愛媛/30代)、「彼と会う時、いつもと違う雰囲気を出したいので」(東京/40代)、「パートナーをドキドキさせたいから」(滋賀/20代)という理由で勝負下着を身につけている女性は確かに多い。

 その一方で、男性うんぬんはさておき、「恋愛だけではなく、仕事や趣味のことでうまくいってほしい時に着ます」(沖縄/40代)、「肌に一番近くて勝負!という感じがするので、自分に気合いを入れたい時に」(東京/30代)と、日常生活での“正念場”に着用するという意見も。「気分転換したい時」(埼玉/30代)や「運気を上げたい時」(東京/20代)、「落ち込んでいる時」(長崎/30代)というコメントも目立ち、ある種“お守り”のような感覚で、勝負下着を着用している女性は少なくないよう。また、「TPOに合わせて装いを変えることを楽しみたいから」(東京/30代)と、オシャレの一環としてチョイスしている女性もいた。

 女性にとっての勝負下着とは、“人生の勝負時”を闘うアイテムでもあることがわかった今回の調査。そう思って身につけるだけで、何だか日々が楽しくなりそう。「私は1枚も持っていない」という人も、せっかくならお気に入りを見つけて運を引き寄せて!

【調査概要】
期間:2015年1月16日〜1月22日
対象:600名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員20代、30代、40代の女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

オリコンランキングにあなたの意見も!アンケートモニター募集中

アンケートモニター募集中



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事