指関節、指先に装着 “個性派リング”浸透中

指先に旬をプラス! ファランジリング&チップリングで、春のおしゃれを楽しんでみては? ※写真提供:Jouete(ジュエッテ)

[拡大写真]

指先に旬をプラス! ファランジリング&チップリングで、春のおしゃれを楽しんでみては? ※写真提供:Jouete(ジュエッテ)
 女性の指を彩る指輪に、新たな波が生まれている。指の第1、第2関節付近につける「ファランジリング」と、指先を飾る「チップリング」はその代表格といえるアイテム。ともに、ネイルとのコーディネートや、複数のリングを組み合わせたレイヤードスタイルが楽しめる点が特徴だ。ネイルアートの浸透もあり指先にも視線が集まる今、指の付け根が定位置だった指輪も、指先まで着用域を広げている。

 「ミディリング」とも言われるファランジリングは、2013年に海外セレブたちの間で話題を集めると、そのブームが日本にも上陸。昨春頃から各アクセサリーブランドでの取扱いが増えたことで、人気が広がっていった。現在25〜30種のファランジリングを取り扱っているジュエリーブランド「cheravir(シェラヴィール)」によると、主に20〜30代の女性から支持を集めているという。

 ファランジリングの特徴は、小指につける「ピンキーリング」としても楽しめるほか、手持ちのピンキーリングをファランジリングとして活用することができる点で、初心者でも取り入れやすいところも魅力。指を美しく見せるポイントは、シンプルな細いデザインや小さなジュエリーがついたリングをアクセントとして取り入れること。Cheravirでも、スタンダードなシンプルリングやパールやストーンが付いたものが人気だという。「気分によってスタイリングをアレンジして楽しめるので、女性はもちろん男性の方にもオススメしたいです」(同ブランド企画・中西香織さん)。

 チップリングは爪部分を彩る指輪で、ファランジリングと同時期に海外で注目された新感覚リング。日本では「Jouete(ジュエッテ)」が先駆けとなり、2013年頃から徐々に広まっていった。仕事や家事などで派手なネイルができない人、爪が伸ばせない人でも手軽に指先を美しく飾れることもあり、手軽なファッションアイテムとして注目されている。

 「去年の秋頃にテレビで紹介され、さらに多くの方に認識されたこともあり、継続的に新作を発表しています」と語るのは「Jouete」企画・デザイナーの石割三甫子さん。人気商品は、パールやストーンを使用したビジュー感のあるものや、ネコやスマイルなど遊び心あるモチーフ付きのものなどで、ファランジリングと比べて存在感のあるアイテムが支持されている。「基本はフリーサイズなので、指の太さにかかわらず楽しむことができます。指が細い方は、小指につけてピンキーリングやファランジリングの代わりとしてもお楽しみいただけます」(同)。

 ファランジリングやチップリングのほかにも、2本の指につける「トゥーリング」、2股に分かれた「フォークリング」、ファランジリングと通常のリングをチェーンでつなげた「ロープリング」、手の甲につける「パームリング」など、多数の個性派リングが続々と登場。選択肢が広がることで、女性たちの“手元のオシャレブーム”もさらに広がっていきそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube