スニーカー、70年代風… ファッションリバイバルは90年代中盤に

2015年春夏のファッショントレンドワードには「デニム」や「スポーティー」などの言葉が並ぶ (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

2015年春夏のファッショントレンドワードには「デニム」や「スポーティー」などの言葉が並ぶ (C)oricon ME inc.
 およそ20年の周期で繰り返されると言われるファッショントレンド。ここ数年も順調に(?)リバイバルブームがあり、10〜20代女性には新鮮な風を、30〜40代女性には既視感をもたらしている。今年はいつ頃のファッションが再流行するのか? 約20年前となる1990年代半ばを振り返りながら、2015年に流行すると言われているファッションを照らし合わせてみよう。

■90年代半ばにも流行した「デニム」「70年代」「スポーティー」

 カーディガンの“プロデューサー巻き”や赤いルージュ、太眉、シアータイツと名を変えたストッキング、クラッチバッグと名を変えたセカンドバッグ…。近年の流行は1980年代後半から1990年代前半の再流行が中心だった。しかし、リバイバルは1990年代半ばへと歩みを進めている。

 各ブランドのコレクションやファッション誌の特集、東京ランウェイや東京ガールズコレクションなどのファッションイベントから今年のトレンドを分析すると、「デニム」や「70年代」、「スポーティー」というキーワードが浮かび上がってくる。90年代半もヴィンテージデニムが人気となり、愛好家以外もこぞって古着のジーンズを買い求めた。『ナイキ エア マックス95』をはじめとした空前のスニーカーブームも、“エアマックス狩り”という社会問題まで巻き起こしている。

 今もまたスニーカー人気が盛り上がっており、当時の復刻版も続々と登場。女性たちの間では“みもれ丈”と呼ばれるヒザ下丈のスカートにスニーカーを合わせるコーディネートも人気だ。70年代ファッションも96年に流行しており、当時は厚底靴とミニスカート、ヘソ出しトップスで人気を集めた。15年の70’sはフラワープリントをはじめとしたヒッピー文化のエッセンスがやや強く、20年前と比較するとガーリーな印象を与えるものが多い。

 そのほか、レディースでは96年には新語・流行語大賞トップテンに入賞したルーズソックスにも熱い視線が注がれている。 チビTの流行と共に人気となったヘソ出しのトップスは、昨年夏にクロップドトップスという名に変わってリバイバル。15年春夏アイテムにも登場しており、今年はさらに取り入れる女性たちが増えそうだ。

■数年後には"アムラーファッション"再び?

 90年代半ばのファッションで無視できないのは、厚底靴、茶髪、細眉、ヘソ出しの「アムラー」だ。歌手・安室奈美恵が立て続けにミリオンヒットを放ち、安室のファッションを真似た女子たちが溢れていた時代。そのトレンドはやがて「コギャル」へ。さらに、当時のコギャルファッションは独自の道を進み、現在のギャル系ファッションと昇華していった。

 しかし近年、『egg』や『小悪魔ageha』などのギャル系ファッション誌は相次いで休刊しており、ギャル系文化は衰退の危機があると言われている。しかし、20年周期のリバイバルが順調ならば、再び細眉&茶髪のトレンドが訪れるのかもしれない!?


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube