アルコール1%で楽しめる“ほろ酔い気分”を味わってみた

食事との相性もバツグン! 今宵はアルコール1%で“ほろ酔い”気分を味わってみては?

[拡大写真]

食事との相性もバツグン! 今宵はアルコール1%で“ほろ酔い”気分を味わってみては?
 ライフスタイルの多様化に伴い、サントリースピリッツは、お酒としては最も度数が低いアルコール1%のチューハイ『The O.N.E(ザ・ワン)』を10日より発売した。お酒の新たな楽しみ方を提案する新商品、同日行われた会見で早速その“ほろ酔い気分”を味わってきた。

 女性の社会進出や、男性の家事・育児への参加、共働きの増加など、忙しない日々を過ごす現代人。お酒が弱い人や苦手な人はもちろん、「次の日に残せない」、「家事が終わっていない」など、今までお酒は好きだけど、なかなか飲むきっかけが掴めなかった新たなニーズへ向け、気軽に程よく酔えて、かつ本格的な味わいを追求したのが同商品だ。

 原酒にこだわって作ったというフレーバーは、レモンとグレープフルーツの2種類。ともに、ウイスキーやワイン、リキュールの開発で培ってきた同社の技術を活かし、さまざまな組み合わせを試すことで、低アルコールながら満足感のある飲みごたえを実現した。

 レモンフレーバーはピールを浸漬したスピリッツを使用することで、フレッシュな香りと味わいを表現。口に入れると爽やかさの次に、しっかりとキレのある後味が追いかけてくる。グレープフルーツフレーバーは果汁を発酵させて、従来品のようなフレッシュ感ではなく、ワインのような奥深い味わいを実現。会見では、おちょこ2杯分ほど試飲したが、ほのかに香水が香っていくかのような、心地よい気分を味わうことができた。

 中味開発を担当した河野美香さんによると、しっかり冷やして飲むのがオススメ。特にレモンは食事との相性も良く、「お肉料理や濃い味のものに合うと思います」。新商品開発の馬場彩さんは、「出荷数は当初計画の約2倍となる見込み。普段飲んでいるものからスイッチするのではなく、お酒がゼロだった時間に1%だからできる楽しみを提供できれば」と意気込んだ。

 なお同日、キリンもアルコール1%の新商品『キリン バタフライ』を発売。ノンアルコール市場とともに、低アルコール飲料の需要は、今後さらに高まっていきそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube