女子会にも 人気アルコールゼリーが日本初上陸

話題のアルコールゼリー『Jellybird(ジェリーバード)』が日本に初上陸

[拡大写真]

話題のアルコールゼリー『Jellybird(ジェリーバード)』が日本に初上陸
 フレーバービール、ノンアルコール、低アルコールなど、さまざまな商品が発売されているが、近年海外では、新しいお酒の形としてアルコールゼリーが注目を集めている。その中でも人気のブランド『Jellybird(ジェリーバード)』が5月29日、日本に初上陸する。

 ウォッカとフルーツフレーバーを組み合わせた同商品。度数が高い酒をベースにしていることもあり、これまではクラブなどのナイトシーンを中心に支持されてきた。今回の日本発売にあたり、12度という高いアルコール度数はそのままに、既存品では少々重かった後味を改善。フルーツならではのフレッシュな味わいを実現している。

 フレーバーは、メロン、ピーチ、マンゴーの3種類で、女性人気No.1はヨーグルトの風味をプラスしたピーチだとか。ゼリーとしてそのまま食べるのはもちろんのこと、カクテルと組み合わせたり、クラッシュしてワインと合わせたりと、アレンジして楽しむことも可能。同社は今シーズンで5万個の販売を目標としている。

 37g入りでオープン価格250円。ジェリーバードジャパン公式サイトなどで販売。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube