羽田空港出発ロビーで突然のパフォーマンス

トランクが開くと桜吹雪が

[拡大写真]

トランクが開くと桜吹雪が
 東京・羽田空港(大田区)の出発ロビーで16日、劇団員やパフォーマーたちによるショー「羽田劇場」がお披露目された。行き交う人の間をぬってロビーで突然始まったパフォーマンスに、利用者たちは騒然。約20分の迫力あるショーに魅入られ、最後は大きな拍手に包まれた。

 同企画は羽田空港を運営・管理する日本空港ビルデングと、小山薫堂氏が主宰するオレンジ・アンド・パートナーズ、劇団キャラメルボックスの仲村和生らによるコラボレーション企画。新たな旅立ちや別れなど、様々なドラマが溢れている空港を舞台に「空旅をよりドラマチックに」を合言葉に、待ち時間を充実したものにするための企画となっている。

 お披露目となったこの日は「はじめてのひとりたび」をテーマにしたミュージカル風のパフォーマンス等を披露。初めての1人旅を怖がる少年を軸に、空港に集まる人々が後押しするというストーリーで、CA役に元宝塚の彩乃かなみが登場。そのほか、ヒューマンビートボイスやチアリーディング、タップダンスやミュージカルなどさまざまなパフォーマンスが繰り広げられ、さらに、竹馬に乗ったパフォーマーが巨大トランク開くと桜の花が出てくるという演出も行われた。

 「羽田劇場」開演期間は4月18日から4月24日までで、羽田空港第1旅客ターミナルと羽田空港第2旅客ターミナルにて一日3回行われる予定となっている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube