マタニティ姿の東原亜希、双子出産前の心境語る

幸せいっぱいのマタニティ姿を披露する東原亜希 ※『mamagirl』2015年夏号(エムオン・エンタテインメント)より

[拡大写真]

幸せいっぱいのマタニティ姿を披露する東原亜希 ※『mamagirl』2015年夏号(エムオン・エンタテインメント)より
 現在第3・4子となる双子妊娠中のタレント・東原亜希(32)が、ママ向け雑誌『mamagirl』2015年夏号(エムオン・エンタテインメント/25日発売)に幸せいっぱいのマタニティ姿で登場。インタビューでは「(つわりが)人生で一番ツラかったかも……」という妊娠初期や、夏に控えたお産への意気込みなど、現在の心境をセキララに語っている。

 08年に柔道日本代表監督の井上康生氏(37)と結婚した東原は、翌09年5月に第1子の長女、10年11月に第2子の長男を出産。現在は妻として、2児の母として、家庭と仕事を両立しながら、マタニティ期を過ごしている。

 今回の妊娠は、過去2回と比べて「(違いが)いっぱいありすぎる……(笑)」そうで、「まずつわりがびっくりするくらいツラかった。トイレで1人で泣きながら吐いたり、人生で一番ツラかったかもしれません……。つわりの期間の家事はあまり記憶がないというか思い出したくないくらい、来る日も来る日も朝起きた瞬間に気持ち悪くて絶望的な日々を送っていました」と告白。

 そんなツラい日々を乗り越えられたのは、家族のサポートがあったから。「パパが休みの日は子どもたちを1日外に連れてってくれたり、母や姉、兄も助けてくれたりと、家族の支えがやはりありがたかったです」と、妊娠を通して改めて家族の愛や尊さを知ったという。

 7月頃に予定している出産については、自然分娩にするつもりだといい、「立ち会いが希望です。娘もできたら今回は立ち会いさせてみたいなぁと思っています」と、新しい家族の誕生に胸を膨らませている。

 同誌ではこのほか、東原流のマタニティ期のおしゃれテクニックや、内側からキレイを磨くビューティー対策など、全50のQ&Aと共に6ページに渡り特集している。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事