ブームに新風? 5年越しの“熟成干し芋”

5年以上も熟成したこだわりの干し芋、タツマ『幻の長期熟成干し芋』

[拡大写真]

5年以上も熟成したこだわりの干し芋、タツマ『幻の長期熟成干し芋』
 近年は空前の熟成肉ブーム。専門店が続々と誕生したり、牛丼チェーン・吉野家でも熟成肉が導入されたりと、どんどん身近な食材となっている。その人気に合わせ、最近は熟成料理がトレンドとなり、家庭での調理法としても注目されている。そんな中、日本ならではの伝統スイーツ“干し芋”にも、じっくり熟成させたこだわりの一品が登場。『幻の長期熟成干し芋』(タツマ)は、通常数日〜1ヶ月程度で完成するところ、5年以上の歳月をかけ手作りされている。

 創業以来、素材にこだわり昔ながらの天日干しで干し芋作りを行ってきたという同社。熟成干し芋は、20年もの研究の末に編み出した独自製法によって作られた一品で、従来の干し芋とは異なる、しっとりした柔らかさと優しい甘みがポイントとなっている。

 種類は、薄くスライスした平干し芋と、丸干し芋の2パターン。1年、2年、3年、5年と熟成期間別の干し芋がセットになっており、年代別のワインを飲み比べるように、熟成による味の違いを楽しむことができる。和心溢れる上品なパッケージなので、おみやげとしても喜ばれそう。

 『熟成平ほしいも5箱セット』(7300円)、『熟成丸ほしいもダルマ落とし』(7000円/共に税別)は、同社オンラインショップで販売中。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube