ムーミンのテーマパーク日本にも誕生 2017年、埼玉飯能市に

ムーミンのテーマパーク「Metsa(メッツア)」が2017年にオープン 「パブリックゾーン」のイメージ

[拡大写真]

ムーミンのテーマパーク「Metsa(メッツア)」が2017年にオープン 「パブリックゾーン」のイメージ
 北欧フィンランド生まれの人気キャラクター・ムーミン谷の仲間たちをモチーフとしたテーマパーク「Metsa(メッツア)」が、埼玉県飯能市に誕生することが30日、都内で行われた会見で発表された。作者であるトーベ・ヤンソンの故郷・フィンランド以外に「ムーミン」のテーマパークができるのは初めて。2017年の早い時期にオープン予定で、宮沢湖の湖畔や周辺の森林を活用し、ムーミン谷の世界観を再現する。

 東京ドーム約4個分となる宮沢湖の周辺土地約18万7000平方メートルを西武鉄道から6億円で購入して展開する。名称はフィンランド語で“森”という意味で、美術館、リゾート、公園、レジャー施設など、あらゆる要素が融合した今までにない施設を目指すという。

 パーク内は、憩いの公園としての機能を維持しつつ、自然を活用したアクティビティを用意する無料の「パブリックゾーン」と、有料の「ムーミンゾーン」に分けられる。「パブリックゾーン」には、自然を活かしたアクティビティや、結婚式もできる湖畔の見えるレストラン、数十の商店などをオープン予定。レストランでは、地産の食材を使用し素材の味を活かした北欧料理を。商店で販売するアイテムは、公式ページで募集するという。

 「ムーミンゾーン」には、シンボルとなるムーミン屋敷はもちろん、キャラクターと触れ合うことができる施設や落ち着いたミュージアムスペースなどを展開。アナログとデジタルを融合させながら、自然との共存をテーマに、森と湖の国といわれる北欧・フィンランドのムード溢れる施設を構築していく。なお、今後の進展については、随時公式ホームページで発表していく予定。

 同パークを開設するフィンテック グローバルの玉井信光代表取締役社長は、「森林と人とのより豊かな関係を築く、まさにムーミンにふさわしい土地。地方創世を目的に地域を巻き込みながら、展開していきたい」。フィンランド大使館のヤーッコ・レヘトヴィルタ公使参事官も、「飯能市には湖や森、すべて揃っている。(大使館は)正式なパートナーではありませんが、応援しています」と新たな施設の誕生に期待を寄せている。

 「ムーミン」シリーズは、1945年に原点となる小説『小さなトロールと大きな洪水』が出版されて以降、1970年の『ムーミン谷の十一月』まで、全9作の小説が発表され世界中で人気に。日本でも近年ムーミンブームが再到来し、カフェやショップなどが続々と誕生したほか、今年2月には映画も公開。子どもはもちろんのこと、子どもの頃にムーミン谷の世界に触れた大人女性たちからも注目を集めている。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube

オススメ記事