クール系からパステルカラーへ 2015浴衣トレンド

浴衣トレンド 今年はカラーに変化あり

[拡大写真]

浴衣トレンド 今年はカラーに変化あり
 花火大会やお祭りのマストアイテムで、夏の風物詩である浴衣。最近では、浴衣を着て出かけるということも珍しくなく、着ているだけでトクする特典があったりと、以前より気軽なものになってきている。デパートには特設コーナーも設置され、賑わいを見せる中で見えてきたトレンドキーワードは、「パステルカラー」。今年は、優しい色味で華やかに、かわいらしい印象がポイントだ。

 定番の白地や紺地の人気もさることながら、今年は華やかなカラーに注目を。「ブルーやグリーンの寒色系がメインであった昨年からは一転、パステル系が増えている」と話すのはプランタン銀座(東京都中央区)。色っぽさよりも、かわいらしい雰囲気がトレンドで「透明感のある柔らかい色味が主流です」とのこと。日本橋高島屋(同)は、今年のトレンドカラーであるイエロー系やグリーン系を取り入れた浴衣が増加傾向にあって、ファッションの影響を受けている様子が感じられるそう。

 絵柄は昨年同様に古典柄の流行が継続中。「少し大きめの柄付けで、華やかな色柄が多いですね。特に菊などの花柄が人気です」(日本橋高島屋)。プランタン銀座では、古典柄の中でも、花柄や金魚柄が注目されているとか。

 ほかにも、帯飾りや帯留めを使った着物風の着こなしや、小物を使ったアレンジを楽しむ人も多いよう。帯留めにも髪飾りにも使える実用性のある小物も人気で、パールやビジューがあしらわれたカラフルで現代風なデザインが支持されている。

 8月に入りますます浴衣を着る機会が増えてくる人も多いはず。今年らしさを取り入れて、粋な夏の1日を過ごしてみて。



関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube