西武渋谷店リニューアル 大人が楽しめるアートな世界に

西武渋谷店がリニューアルオープン  30代女性に向けたエリア「キートゥースタイル」(A館3階) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

西武渋谷店がリニューアルオープン  30代女性に向けたエリア「キートゥースタイル」(A館3階) (C)oricon ME inc.
 西武渋谷店(東京・渋谷)が8年ぶりとなる大改装を行い、21日にリニューアルオープンした。「アート&デザイン」をテーマに、人の動きや気温などによって常に変化し続ける幻想的な“アートゲート” (A館1階正面口)をくぐれば、デザイナー・佐藤オオキ氏や、女性建築家・永山祐子氏による“遊園地”や“宮殿”、“博物館”をデザインコンセプトとしたフロアに迎えられる、新しい店づくりとなっている。

 “アートゲート”は、音楽・映像アーティストであるカールステン・ニコライ氏によるもので、「一期一会」の世界を体現。入口の柱に組み込まれたLEDビジョンは、人の動きや気温、さらに月からのパルスを取り込むことで常に変化し続けるビジュアルアートとなっている。

 ファッションに敏感な女性に向けたエリア「キートゥースタイル」(A館3階)では、デザイナー・佐藤オオキ氏を起用。ヨーロッパの公園に隣接した“遊園地”をコンセプトに、ストライプや旗をモチーフにしたハンガーなどが並ぶ。また、今回のリニューアルにあたりアンリアレイジと“アートゲート”を手がけたカールステン・ニコライ氏のコラボ商品としてワンピースやカットソーなどを展開する。

 女性建築家・永山祐子氏による、大人女性向けのフロア「モードプラス」(A館5階)は、“宮殿”がコンセプト。シャンデリア風オブジェに、シルバーのカーテンで、リュクスな大人の空間を表現。また、連絡通路でつながるB館5階のメンズフロアは大人の男の遊び心を刺激する“博物館”をモチーフとした売場となっている。

 ほかにも、ファッションを身にまとうアートとして創造するオランダ出身のデザイナーイリス・ヴァン・ヘルペン氏による、2015年までのアーカイブ作品を中心に、近未来を予感する3Dプリンターから生まれた作品などを紹介する展覧会も開催(A館7階/9月6日まで)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube