「マッキントッシュ」日本向け新ブランド 日本橋三越に限定ストア

新ブランド「マッキントッシュ・ロンドン」の特設売り場がオープン(東京・日本橋三越本店1階) (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

新ブランド「マッキントッシュ・ロンドン」の特設売り場がオープン(東京・日本橋三越本店1階) (C)oricon ME inc.
 英国の老舗アウターウエアブランド「マッキントッシュ」と三陽商会のライセンス契約で、この秋冬シーズンより誕生した「マッキントッシュ・ロンドン」。その特設売り場が2日、東京・日本橋三越本店1階にオープンした。これからの季節にピッタリなアウターウエアを中心に取り揃えるほか、33色から選ぶカシミアマフラーの受注生産、190年を超える由緒あるブランドの歴史をさかのぼるアーカイブ展示も行う。

 「マッキントッシュ」といえば、世界初の防水布を使い職人によって手作りされる“ゴム引きコート”が有名。新ブランドは、そのモノ作り精神とクラシック&モダンな世界観を体現した、45歳以上のオトナ男女向けのトータルコレクションとなっている。

 レディースはちょっとしたお出かけやパーティーなど、あらゆるTPOに合わせたデザインを展開し、アウターのほかバッグやストール、傘、アクセサリーなどの小物類も充実。メンズは、カジュアルだけでなくビジネスシーンも網羅する、英国の伝統的なスタイルのアイテムが目立つ。

 初日のオープニングセレモニーに出席した、三陽商会の杉浦昌彦社長は、「7月中旬に立ち上げた同ブランドですが、好調に推移しています。これからの防寒シーズンにどれだけ支持されるかが重要なので、この売り場(日本橋三越)で多くの方に知っていただき、袖を通していただきたいですね」と今後の展開に期待を寄せた。

 同ブランドは今後、10月までに全国に263店舗を設ける予定。日本橋三越の特設売り場は8日まで。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube