土屋アンナ、友人・蜷川実花のアート作品に太鼓判

『蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル』のオープニングセレモニーに登場した土屋アンナ (C)oricon ME inc.

[拡大写真]

『蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル』のオープニングセレモニーに登場した土屋アンナ (C)oricon ME inc.
 モデルでタレントの土屋アンナが8日、すみだ水族館(東京都墨田区)で行われた『蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル』のオープニングセレモニーに登場した。同会見は長年の友人でもある蜷川と水族館によるコラボアート企画のために行われたもので、土屋は今月出産予定の蜷川に代わる“友情出演”。荒天の影響で渋滞に巻き込まれた土屋がイベント開始時間を過ぎても会場に到着できないトラブルもあったものの、笑顔で「ちょっとした時間にきても癒しになる空間なんじゃないかなと思いました」と友人・蜷川の作品をアピールした。

 トークショー開始予定時刻を約20分過ぎて「すいません! よろしくお願いします!」と会場に駆け込んだ土屋は、写真撮影後、記者たちに「皆さん、遅くなりまして申し訳ないです」と謝罪。

 その後のトークショーでは明るい笑顔を見せ「私が16歳くらいからずっと撮ってくれていて、たぶん私を撮ってくれている写真家の方のなかでは、いちばん枚数が多いかも。しかも映画『さくらん』でもお世話になっているし、プライベートでもいろいろと話しているので、本当に仲が良いです」と、蜷川との親交の深さについて語ったほか、「水族館はしょっちゅう来る。長男が海洋学者になりたがっているから、家には図鑑がたくさんあるんです」と、母親の一面ものぞかせた。

 クラゲが浮遊する水槽と、鏡を敷き詰めた壁や天井に蜷川さんの作品を投影する同企画は9日から12月27日まで開催。同コラボ企画にあわせて毎週金曜日夜、18歳以上の女性限定の観察プログラム「ふわふわクラゲガール」を開催。参加料は無料で、同館Webサイトで募集を行う。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube