スザンヌ、愛息との新生活明かす「罪悪感はいつでもある」

スザンヌ (C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

スザンヌ (C)ORICON NewS inc.
 タレントのスザンヌが、ママ向けファッション誌『mamagirl 冬号 2016』(エムオン・エンタテインメント)最新号に登場。現在シングルマザーとして仕事と育児を両立させる彼女。地元・熊本と東京を往復しながらの新生活は、「基本的に2泊以上するときは、息子も一緒に東京へ。短時間や1泊だったらひとりで行って、息子は母や妹、祖母に預けることが多い」そうで、愛息が寂しくならないよう徹底した環境づくりを心がけているよう。それでも、「息子と一緒にいてあげたいのに、いてあげられない罪悪感はいつでもあります」と切ない思いを明かした。

 スザンヌは2011年12月に、元ソフトバンクで野球解説者の斉藤和巳氏と結婚。昨年1月に第1子となる長男が誕生したが今年3月、「生活のすれ違い」などの理由で離婚を発表。現在は1歳10ヶ月の息子と共に地元・熊本に戻りつつも、仕事などで月の半分程度を東京で暮らしているという。

 保育園に預けていないため、仕事などで外出する際の息子の面倒は、主に家族や友だち、マネージャーにお願いしており、「いつも申し訳ないな、って」とスザンヌ。「でもあるとき友だちに言われたんです。『息子くんをみてくれる人がたくさんいるってことは、それだけ彼にとっての居場所がたくさんあるってことだから、いいんじゃないの?』と。もちろん葛藤はあるんだけど、いまはその言葉や気持ちに素直に甘えさせてもらっています」と家族や友人への感謝の気持ちを語っている。

 このほかにも同誌では、息子の成長日記や彼女の仕事&プライベートコーデ術などを紹介している。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube