オスカルが輝く 名作『ベルサイユのばら』がジュエリー絵画に

キラキラ! 池田理代子氏の代表作『ベルサイユのばら』が「ジュエリー絵画」に

[拡大写真]

キラキラ! 池田理代子氏の代表作『ベルサイユのばら』が「ジュエリー絵画」に
 池田理代子氏の代表作『ベルサイユのばら』が宝石を引き詰めて制作する「ジュエリー絵画」となり、22日に都内で初お披露目された。作られたのはオスカルとマリー・アントワネットを描いた8作品で、作者の池田氏は「拝見したとき、イラストじゃないの?って思ってしまった。そのくらい精巧」と仕上がりに驚いていた。

 「ジュエリー絵画」はパウダー状に加工した宝石を職人たちが手作業で敷き詰めて描くもので、1つの作品の制作期間は約3ヶ月。昨年には『火の鳥』『ブラックジャック』『鉄腕アトム』など手塚治虫シリーズが販売された。

 サイズはXSからXL7まで8種類(一部作品にXSの設定なし)で、価格はXSで9万8000円、最大サイズで728万円の設定。兵庫・神戸市と芦屋市にある「ジュエリーカミネ」の全店舗で2月11日より販売。高島屋、阪急阪神百貨店、紀伊國屋書店でも順次取り扱う。

 「ジュエリー絵画」を販売するジュエリーカミネの代表取締役の上根学氏は「先生の絵はすごく繊細。命は顔、目ですので、背景よりも表情にこだわった。先生が出したい雰囲気に細心の注意を払った」とこだわりのポイントを語った。

 漫画『ベルサイユのばら』は、1972年4月から1973年12月まで『週刊マーガレット』(集英社)で連載された少女漫画史上に残る大ヒット作。フランス革命前から革命前期を舞台に、主人公・男装の麗人オスカルをはじめ、フランス王妃マリー・アントワネットらの人生を描いている。

 発表会に登壇した池田氏は「(『ベルサイユのばら』を)私が描きましたのが、45年近く前なんですね。ずっとその間読み継がれてきたのがありがたい。おばあちゃんからお母さん、子ども、孫にとずっと受け継がれていて大変幸せなこと」とファンに感謝した。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube