『白鳥麗子でございます!』新作読み切り アラフォーの2人を描く

2月25日発売の『Kiss』(講談社)4月号に掲載されるほか、27日にペーパータイプコミックスが発売される『白鳥麗子でございます!』

[拡大写真]

2月25日発売の『Kiss』(講談社)4月号に掲載されるほか、27日にペーパータイプコミックスが発売される『白鳥麗子でございます!』
 1987年に連載がスタートし、今年3度目のドラマ化も行われた人気漫画『白鳥麗子でございます!』(鈴木由美子作)の新作が、2月25日発売の『Kiss』(講談社)4月号に掲載される。ドラマ放送記念として描かれた同作は、2016年が舞台。アラフォーになった高飛車で世間知らずな白鳥麗子と、麗子が幼い頃から思いを寄せている同級生の秋本哲也の“”今”を描く。

 『白鳥麗子でございます!』は、哲也に思いを寄せるものの、高いプライドが邪魔して素直になれない“究極のお嬢様”麗子が巻き起こす波乱万丈な恋模様を描いたラブコメディ。ドラマは1989年版では麗子を鈴木保奈美が、93年版と95年の映画版は松雪泰子が演じ、共にヒットした。今年1月からは河北麻友子主演による新作ドラマが放送されているほか、今年中に映画版の公開も予定されている。

 約20年ぶりの映像化に合わせ、コンビニエンスストア限定のペーパータイプコミックス(講談社プラチナコミックス)も27日より発売。コミックスの第1話から第13話までを収録しているほか、巻頭グラビアに河北や麗子を取り巻く男性陣を演じるBOYS AND MENの水野勝、辻本達規、田中俊介、吉原雅斗らのインタビューを掲載している。


関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube