日仏文化を融合させた内装も注目 日本初のカルティエ旗艦店

「カルティエ ブティック 銀座」入り口を入ったらすぐの場所には巨大シャンデリア(C)oricon ME inc.

[拡大写真]

「カルティエ ブティック 銀座」入り口を入ったらすぐの場所には巨大シャンデリア(C)oricon ME inc.
 カルティエの日本初となる旗艦店「カルティエ ブティック 銀座」(東京・千代田区)が、きょう28日よりグランドオープン。地下1階、地上3階の計4フロアで展開する同店は、店舗面積は約1000平方メートルで、同ブランド日本最大級の広さに。フランスと日本を融合させた優雅な店内の詳細をご紹介。

 2003年から続く銀座2丁目のブティックをリニューアルした同店は、フランスセレブリティの個人邸宅に見られる建築や装飾の要素を取り入れつつ、日本の伝統的な要素もプラス。本国のカルティエ本店とはひと味違う、アジア旗艦店ならではのインテリアに…。

 同店の象徴となるのが、約7メートルにもなる巨大なシャンデリア。イタリアのガラス職人が手がけたものを日本に運び入れた貴重なもの。1階エントランスで煌びやかな世界へといざなう。各フロアにはシャンデリアのほか、間接照明やダウンライトが設置されていて、空間とジュエリー類の美しさをさらに引き立てている。

 取り扱うのはカルティエが手がける全アイテム。地下1階はレザーグッズや筆記用具のコレクション、1階はリングやネックレスなどのジュエリー、2階は時計、3階はダイヤモンド&ブライダル。各フロアにはチェアやソファも置かれているため、じっくりとショッピングが楽しめる。

 ブランドの優雅さと仏×日の伝統を融合させたデザインコンセプトは外観にも。毎日午後4時からは、ファサードウィンドウにディスプレイされた万華鏡の柄をデザイン化したライトアップが点灯され、銀座中央通りをより華やかに彩る。

 26日に行われたオープニングセレモニーに登場した女優の宮沢りえも「私もよく銀ブラをしていて、いつできるのかなと楽しみにしていたファンの1人。(オープンすることで)一層華やいだ通りになると思います」と語ったカルティエ ブティック 銀座。旗艦店ならではの充実ラインナップと華やかなインテリアをぜひチェックして。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube