心身ともにリフレッシュ 自然豊かなリゾートホテル「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」

豊かな自然が特長のディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ As to Disney artwork,logos and properties:(C)Disney

[拡大写真]

豊かな自然が特長のディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ As to Disney artwork,logos and properties:(C)Disney
 夢あふれる世界観やキュートなキャラクター、充実したサービスで多くのファンがいる世界に全7ヶ所のディズニーパーク&リゾート。実は今年、日本から近い場所にある香港ディズニーランド・リゾート内に3つ目のディズニー直営ホテル「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」がオープン。敷地の60%以上がグリーンと、豊かな自然が特長で、日頃の疲れを癒せるのはもちろん、キャラクター・グリーティングも楽しめる盛りだくさんのリゾートホテルになっている。

 「ディズニー・エクスプローラーズ・ロッジ」のテーマは、1920年代の“探検”黄金時代。館内には探検家が集めたとされる思い出の品や工芸品の数々が随所に展示されていて、歩いているだけで発見があり楽しめる。吹き抜けのある広々としたロビーは開放感があり、異国情緒あふれる雰囲気で海外に来たという実感がわく。

 注目したいのは屋外のガーデン。アジア、オセアニア、南アメリカ、アフリカそれぞれの文化をテーマにした4つのガーデンが広がり、合計で約1万7000本700種の植物が植えられている。すべてディズニー映画に由来する名前がつけられていて、例えばアジアは「ハティ・ジュニア・ガーデン」(『ジャングル・ブック』より)。赤ちゃん象のハティ・ジュニアをかたどったグリーンのほか、桜や灯篭などもあり、聞こえてくるBGMもエリアごとに変えるこだわりぶり。文化や植物を肌で感じながら散歩するもよし、座って景色を眺めながら考えにふけるもよし。思い思いの過ごし方を楽しめる。

 リゾート感を満喫したいときは、南シナ海を臨む「レイン・ドロップ・プール」へ。デッキチェアやカーテン付きのカバナは無料で使用できるので、館内のカジュアル・ダイニング「チャート・ルーム・カフェ」で軽食やドリンクを用意し、優雅に過ごすのもおすすめ。時間帯によってはキャラクターと一緒に写真を撮ったりダンスができる、直営ホテル宿泊者向けイベントも行われる。

 キャラクターとは、本格中華を味わえるダイニング「ドラゴン・ウィンド」で触れ合うことも可能。ビュッフェ形式の朝食時にキャラクター・ブレックファストを開催していて、点心や餃子など香港ならではのメニューに舌鼓を打っているときに、ディズニーの仲間たちが席まで遊びにきてくれる。贅沢時間を思う存分楽しめば、心身ともにリフレッシュして帰国できること間違いなし。

【取材協力】ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル

【特集】日頃の疲れを癒す エキゾチックな香港ディズニーランド・リゾート




関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube