深田恭子、点灯式初体験で思わぬ発見「自分で見られないんですね…」

イルミネーションの点灯式を初体験した深田恭子=『「WHITE KITTE」WHITE Tree ライトアップセレモニー』(C)ORICON NewS inc.

[拡大写真]

イルミネーションの点灯式を初体験した深田恭子=『「WHITE KITTE」WHITE Tree ライトアップセレモニー』(C)ORICON NewS inc.
 女優の深田恭子が22日、東京都中央区のJPタワーKITTEで行われた『「WHITE KITTE」WHITE Tree ライトアップセレモニー』に参加。クリスマスイルミネーションの点灯式に初参加という深田は背後のツリーを見るため、報道陣にお尻を向けてしまい猛反省した。

 深田はゴージャスな赤いドレスで登場。アジア圏で唯一のグリーンランド国際サンタクロース協会公認のサンタクロースであるパラダイス山元氏も参加して点灯式は行われた。いざ、ライトアップというタイミングで心境を問われると深田は「点灯式って、ずっとやってみたかったんです。きょうも本当に楽しみにしていたんです」と告白した。

 第21回ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得以降、多方面で活躍しているが、意外や意外、点灯式だけは縁がなかったという。「いろいろな女優さんとかが点灯式をやっていらっしゃるのを見て、すごいうらやましくて」と、ようやく巡ってきた機会に笑顔が止まらなかった。

 深田がスイッチを押してきらびやかなイルミネーションがツリーと彩った。ただ、報道陣の方を向いていおり、ツリーは背後に…。ちらちらと後ろを向いて、ツリーをチェックしたが「点灯式の人って実際には自分で見られないんですね…。後ろ向いちゃって、ちゃんと前向いてなきゃいけなかったな」と反省点を口にしていた。

 クリスマスの思い出も語った。深田の父はクリスマスイブが誕生日だそうで「クリスマスはいつも湯豆腐」と父の好物を食べるため、和風なクリスマスを過ごしていることを明かし、笑わせた。また、今年のクリスマスは「連続ドラマに入るので現場だと思う」と寂しい状況を語っていた。

 ツリーは屋内では日本最大級の約14.5メートルの高さで本物のモミの木を使用。真っ白な装飾が施され、30分おきに音楽に合わせてライトアップされる。きょう22日から12月25日まで。


関連写真

関連リンク

シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube