恋人に好かれる“モテ部屋”の作り方

■調査結果はこちら

 いつ恋人が部屋を訪ねてきても平気なように、常日頃から部屋の掃除は欠かさないでおきたいところ。しかし、油断は禁物。ただ部屋を掃除しただけでは安心はできない。「不動産情報ポータルサイト HOME'S」が“モテ部屋”と題して、異性を引きつける部屋作りの調査を行ったところ、恋人が部屋のどこをチェックしているのかが明らかとなった。

 まず、始めに男女それぞれに「恋人の居住形態としてふさわしくないと思うもの」を聞いたところ、男女共に70%以上の人が「親、友達や兄弟と同居はして欲しくない」と回答。1人暮らしの方が、家族などに干渉されにくく、2人の時間が作れて好ましいと思っている人が多いようだ。

 続いて、「恋人の部屋でチェックするもの」について聞いてみると、男性は【全体的な整理整頓具合】が1位。女性は【台所・水まわり】が1位に選ばれた。また、性別による違いをあげてみると、男性は【全く気にしない、チェックしない】が4位だったことから、彼女の部屋を細かくチェックしている男性は少ないのかもしれない。一方、女性が男性の部屋でチェックしているところは【本棚】。彼氏の読んでいる本から、趣味や知性などを伺っているということだろう。

 次は、恋人の部屋で「見直したポイント」。男性の回答は【良い匂いがした】、【清潔感があった】、【ぬいぐるみがあった】など、女性らしさを感じさせる部屋がやはり好感度が高い。女性の回答は【本棚の本】、【CD】が上位に入った。

 “モテ部屋”作りの調査からわかったことは、恋人はルックスだけではなく、“趣味”や部屋の“清潔さ”など通じて、内面的な部分も見ているということだ。ただ、恋人に合わせて自分を変えるか、趣味やクセなどありのままの自分を理解してくれる人を恋人にするのか悩ましいところでもある。ただ、恋人に居心地の良さを感じさせる部屋を演出することは、付き合いを長続きさせる1つのポイントかもしれない? 

調査対象:日本全国の22歳〜27歳の男女
有効回答数:954人(男性454人、女性500人)
調査手法:インターネット調査(HOME'S調べ)http://club.homes.co.jp/research/







■ユーザーが選んだ満足度の高いマンションブランドはこちら


シェア Google+
美女賢磨 モデルや女優の日常には“美の秘訣”が満載

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R
FOLLOW US eltha最新情報をチェック
  • facebook
  • twitter
  • Youtube